影山拓也くんとの思い出記録

IMPACTorsとPINKyみんなでかなえるグループ

「IMPACTors」の「影山拓也」

(2020.10.18に書いて放置してたやつ。)

 

 

今まで無所属で、ジャニーズJr.としか肩書きがなかった自担に、グループ名が付きました。

 

 

2年前のわたしへ。

あの時すきになった影山拓也くんは2020.10.16に正式にユニットに加入します。

そしてきっといつか必ずデビューします。

 

(はじめに。彼らには歌舞伎やえび座、にゅすば、かつば等々共に闘ってきた仲間がいることは100も承知です。彼らには彼らで報われる時が必ずくると信じています。その上で7人に焦点を当てて書きます。)

 

 

もともと歌番組やバラエティでジャニーズが出たら早送りするくらいにアンチジャニーズだったわたしが、何の因果かV6をすきになり、三宅担として生きることになった。(今もです)

 

その間もJr.の存在は本当に1人も知らなかったし、V6以外のデビュー組すら無知でただV6だけを見ていた。

 

 

そんなわたしと影山くんの出会いは2018.6.6「滝沢歌舞伎2018」の御園座公演。

 

ただただ健くん目当てで入ったその現場に影山くんはいました。

 

腹筋太鼓の導入をするJr.。多分当時はそれがJr.かどうかすら分からなかった。

 

ただ、すごいなぁ、と思った。

2階席だったのでステージより近かった。

声と気迫に圧倒された。

 

でもそのあとステージに全員が並んでもさっきの太鼓の子がどの子かまでは分からなかった。

 

終演後にレポを見て、太鼓導入をしていたのが影山くんだということを知り、影山くんやジャニーズJr.について情報を集め始めた。

 

そこで初めてパンフレットのJr.のページも読んだ。

 

わたしとそんなに年も変わらないのにすごい覚悟をもってひとつひとつのステージに挑んでいることを知った。

 

もちろんそれまで無所属のジャニーズJr.なんて存在も知らなかったし、グループに入っていないとかそもそもそういう概念がなかった。

Jr.はまだデビューしていないジャニーズ、としか考えてなかった。

 

Jr.を知り始めてからたくさんのグループがあること、無所属のJr.がたくさんいることを知った。

 

でも無所属のJr.の推し方なんか分からなかったし、そもそもどこに出てくるか分からなかった。

 

 

そして滝沢歌舞伎2018の円盤が発売され、自分が入った御園座ではなかったけど、影山くんの太鼓導入をもう一度見ることができて、他の場面でステージに立つ姿からもたくさんの表情に出会った。

 

本編、ドキュメンタリー、どれを見ても影山くんを推す以外の選択肢がなかった。

 

 

でもそれから半年くらいはJr.担ということになかなか慣れずに島動画なんかを見ながらゆるゆると推していた。

 

その間に滝沢歌舞伎ZEROもあったけど、雪だるまの増員事件がどうしても受け入れられなくて見に行けず、影山くんの写真だけ買いに南座に行った。

 

 

そんなこんなしているうちにJr.祭が発表された。

 

無所がどれだけ見せ場があるのかは分からなかった。

 

そのころには色んなJr.をほっつき歩いてたわたしだったけど、うちわはどうしても影山くんの名前を持ちたかった。

 

初めて影山拓也といううちわを作った。

 

そして入った席はバクステの真上のスタンド上段。

影山くんがいたのはマンション。

 

影山くんにうちわを見てもらうどころか、わたし自身が公演中に影山くんを見つけることができなかった。

 

双眼鏡をどれだけ覗いてもマンションは米粒だった。

 

予想してなかったわけじゃないけど悔しかった。

 

レポで影山くんは下手ドセンで踊っていたと聞いて、今聞いてもなぁ、って思った。

 

でもテレビ誌の「下手には大きく口を開けてコール&レスポンスに参加する影山拓也の姿が。一瞬たりとも手を抜かない全身全霊のパフォーマンスは、この大きな会場でも観客にしっかりと伝わるものだった。」ってレポ読んで誇らしくなった。

 

でもそんな影山くんを見つけられなかった自分が何より悔しかった。

 

Namidaの結晶のMVに出た影山くんがその日唯一の影山くんだったなぁ。

それでもうれしかった。

 

 

そしてIGNITEは部活の大会とかぶっててレポしか見れなかった。

 

テレビ誌やステージ誌で小さな写真の中からバックについてるさらに小さい影山くんや当時無所のJr.を探すのがひたすら楽しかった。

 

島動画見て髪色明るくなってるなぁ、サインボールいいなぁ、なんてずっと思ってた。

 

 

そして歌舞伎、IGNITEと一緒だった無所たちが、えび座、虎者、と別々のお仕事になった。

 

えび座でJUMPバックも発表された。

 

えび座にいなかった影山くんや新、たいがちゃんは出ないのかなぁって。

 

この時は別に7人で今後活動するなんて思ってもいなかったけど、これまで一緒だった仲間が離れてしまうんだなぁって少し寂しかった。

 

 

体育会TVでまたみんなが集まったのはほんとにうれしかった。

 

あんなにたくさんいるJr.の中で「僕1番がいいです」って手挙げて、しっかり期待に応えて規定タイム切る強さがほんとにかっこよかった。

 

一発ギャグもさすがだったし、何よりもゼッケンの名前大きく書きすぎて「影山拓」までしか入らなくて、はみ出してTシャツに直で「也」って書いてるのが愛おしすぎてテレビ抱きしめた。

 

この回で結果的にはメンバー入りできなかったけど、爪痕はちゃんと残ってたよ。

 

 

そして虎者。

 

やっとステージ上の影山くんを認識して追うことができた。

 

1回目に入った時は3階で、どれだけ頑張っても見えない部分があった。

 

どうしてももう1回見たくて終演後すぐに3日後のチケット探した。

 

2階目は1階中央列上手ブロック。

 

ちょうどオオワシが登場してたくさんセリフがあるところが0ズレでずっと影山くんのこと見てられた。

 

話し方も、立ち方も、目線の向け方も、やっぱり舞台映えするなぁって思った。

 

いくらジャニーズJr.と言えど、場数はしっかり踏んでるしプロなんだなって再確認した。

 

もちろん演技もすごかったけどそのあたりは去年Twitterでも書いたし割愛。

 

でもVOLCANOとTogether Nowだけは外せない。

 

VOLCANOはただバックで踊るだけだと思ってた。

 

一緒に飛べるなんて思ってなかったし、まさか歌割もらえるなんて想像もしてなかった。

 

かげあらだけの時間。

 

ほんとに5秒ぐらいだけどあの時間はかげあらだけの時間だった。

 

無所が歌うとこなんてめったに見れないし、歌舞伎でもみんなで歌うシーンはあるけど、影山くんの声だけは聞き取れなかったから、正直そこで初めて生の影山くんの歌声を知った。

 

力強くて、でも優しくて、この人は歌がうまいんだって率直に思った。

 

そしてTogether Now。

 

誰よりも大きく手を広げて気持ち良さそうに歌う影山くん。

 

いつか絶対メインでステージに立って歌ってほしいと思った。

 

千穐楽での虎者2020の発表

 

影山くんは出るだろうって勝手に決めてたけど、夏の歌舞伎と秋の虎者以外はまたどこのバックに付くか考えるところからなのかなぁってどのグループのコンサートに入るのかなぁって考えてた。

 

そしてこの時のかげあらの島動画はもう1月に起こることを知っていたんだって思って見るともう涙が止まらない。

 

 

12/7 有頂天作家出演決定

 

影山くん初の外部舞台。

 

夢だと思った。

 

局メールと影山くんの島動画(https://j-island.net/movie/play/id/3255)を見てようやく実感が湧いた。

 

影山くんの嬉しそうな顔は何回見ても涙が溢れる。

 

そして虎者の間につばみなは有頂天と同時期のSHOCK出演が決定。

 

そして年末、かげあら以外はJUMPバック、影山くんは嵐途中参戦、新はバックなし。

 

(今考えると新だけお仕事ないことはないだろうからコロナさえなければ何かあったのかなぁなんて思うけど)みんなバラバラになってしまった。

 

 

19.12.27 一生忘れないMステ嵐バック。

 

今までの歌番組のバックで一番お気に入りの回。

 

嵐の後ろのトラジャの後ろに現れた無所たち。

 

その頃には全員分かるようになってたからみんなが集合しててほんとにうれしかった。

 

島動画で無所が集まっててなんの仕事かな、なんて言ってたけどこれだった。

 

みんなすごくいい表情してて楽しんでるのが伝わってきてしあわせだった。

 

カウコンは予想以上の映り込みで沸いたなぁ。

 

 

そして年明け。

 

有頂天作家の当落。

 

分かってはいたけど倍率は低いし最前も花横も当たるし、うれしい反面悔しかった。

 

会えるのはうれしいけど空席なんか絶対に作りたくなかった。

 

そのころはファン増えたらいいなぁなんて呑気に考えてた。

 

 

そして延期されてた素顔の円盤がようやく発売されて、やっとマンションの影山くんを見れた。

 

ドセンで踊る影山くんは、やっぱり影山くんだった。

 

マンションが抜かれるのは最初の2分ぐらいだけだったけど、それでも十分伝わった。

 

エンディングは影山くんがたくさん映ってて期待されてるのかなぁなんて思ったり。

 

 

2020.1.11

 

7人にとってもファンにとっても運命が変わった日。

 

クリエCが生まれた日。

 

クリエが発表されて日程見ようかなって軽い気持ちで見たら、影山くんの名前があった。

 

C 佐藤新 影山拓也 横原悠毅 松井奏 椿泰我 基俊介 鈴木大河

 

バックなんかじゃなかった。

 

7人がメインだった。

 

歌舞伎、IGNITEを共に過ごし、それぞれの場所での活動を経て、7人がまた一緒になった。

 

 

この頃はコロナなんかまだ流行してなくてこれから起こることなんかなんにも想像してなかった。

 

 

1/20少年収2/14分

 

トラジャの千年メドレーのバックが7人だった。

立ち位置までレポしてくれてて、あぁ単独はどうなるんだろうってずっとわくわくしてた。

 

 

1/22D.D.目黒パート歌唱動画

 

影山くんの歌声が全世界にお披露目された瞬間。

 

優しくて、でも芯があって、ほんとにこの人は歌が上手いんだって思った。

 

早くステージの真ん中でソロを歌うべき人間だと思った。

 

きっと、8.8の時にユニットに入っていたら間違いなく君君選抜だったんだろうなって今でも思う。

 

 

1/27 ステファン発売

 

虎者に出てたかげあらとSHOCK出演予定のつばみなの特集。インタビューはクリエ発表前だったのにこの記事組んでくれたステファン様には頭上がらない。

 

「ハンドマイクを持って歌いたい」それがどれほど大きいことか今まであまり考えていなかったけど、その夢ももうすぐ叶うんだよって。

 

ストレートにみんなの声が聞けてほんとに涙が止まらなかった。

 

 

けどそれから2月の頭は島動画と少クラのバック探す日々が続いた。

 

 

2月下旬になってジャニーズの現場もコロナの影響が出だしてSHOCK休演が決まった。

 

まだ開演予定はあったから有頂天のお稽古は続いていて動画は上がっていたけど本当にコロナが憎かった。

 

 

3/2 ファンファーレ!ダンス動画公開

 

JUMP担にも褒めてもらえるようなダンスで「クリエC」の名前が広まった。

 

これでめちゃくちゃファン増えた。

 

正直嫌だった。

 

無所がでっかくなるためにはまずはファンが必要なのは痛いほどわかってるけど、遠い存在になるのがつらかった。

 

そんなことしてるうちにSHOCKの休演が伸びて、有頂天も東京公演前半の中止が決まった。

 

その日に影山くんが袴1人で着れるようになったって動画が上がって悔しかった。

 

その10日後には有頂天東京全公演中止が決まった。

 

アーティストメッセージに今でも残ってる影山くんの名前はいつ見ても悔しい。

 

影山くんが謝ることじゃないのに、って思いながら泣いて、最後まで見れなかった。

 

SHOCKも一度だけ公演再開したけどやっぱり途中で幕が降りてしまった。

 

それでもテレビでSHOCKを見せてくれて、悔しいだろうにキラキラの笑顔でパフォーマンスしてたつばみなには感動したし、SHOCKカンパニーには感謝しかなかった。

 

もしかしたら春が来るかもしれないって希望をもらえた。

 

その頃には5月まで長引かないだろうと思ってたからメンカラ発表もされて不安の中でもわくわくが止まらなかった。

 

7人の雑誌もたくさん出て、みんなが夢や目標を語ってた。

 

「デビューしててもおかしくない年齢」

「人生懸ける」

「最初で最後のチャンスかもしれない」

 

そう言う7人の夢を絶対叶えさせてあげたいって思った。

 

 

でもやっぱり春は来なくて。

 

 

有頂天松竹座公演前半が中止。

 

初日参戦予定だったけどこの発表は3日前だった。

 

影山くんは強いから、辛い時に笑えるのが一流って言うけど、わたしはそんなに強くなかった。

 

結局4/1には全公演中止になった。

 

エイプリルフールじゃんって、嘘なんでしょって、死ぬほど泣いたけど嘘じゃなかった。

 

初日に松竹座行ったけどもうポスターすら撤去されてて有頂天がなかったみたいだった。

 

わたしが影山くんに会えないことよりも、影山くんががんばってきたことを出す場所がなくなることが何より悔しかった。

 

初の外部舞台で大御所の俳優さん女優さんとご一緒させてもらって、色んなことを言われてたくさんのことを学んで、っていうのを知ってたから余計に苦しかった。

 

 

その翌週にはクリエも全日程中止発表。

 

雑誌は中止が決まる前のインタビューを容赦なく載せてくる。

 

現実見られなくて雑誌も読めなかった。

 

そして少クラでスノの穴埋めでスペがパフォーマンスした。

 

正直スペには負けたくなかった。

 

スペが嫌いとかじゃなくポジション的に勝手にライバルだと思ってて、絶対少クラで先にパフォーマンスしたかった。

 

その日の花唄はあとから何回も見て元気もらったけど、その時はほんとに見れなかった。

 

歌舞伎の円盤も発売延期。

 

 

悔しいこと、苦しいこと続きで毎日毎日泣く日々で。

 

でもSTAY HOMEの動画がJr.全体で始まった。

 

 

Cも積極的にあげてくれて少しは寂しさも紛れた。

 

それからは動画を一生見る毎日。

 

7人での動画もあがり始めた。

 

クリエ公演日に何かやってくれるだろうとは思ってた。

 

でも公演日が近付けば近付くほど、今回の7人はあくまでもクリエのために集められたメンバーだから、クリエが終わったらどうなるんだろうっていう恐怖が込み上げてきた。

 

せっかく7人で色んなこと考えて作ってくれたクリエがなくなって、このまま自然消滅みたいになったらどうしようってずっと考えてた。

 

ひとまず何か残したくてスタランとクリエC公演初日開演時間本気でトレンド目指した。

 

スタランは雪だるまの誕生日週にも勝って7人がトップ7つ独占したの嬉しかったなぁ。

 

けどトレンド入りはTwitter制限かかって呟けなくなるぐらい呟いたけど無理だった。

 

C担みんなで死ぬほどがんばったけど急上昇にも30位にも入れなかった。

 

開演時間に合わせて7人が出してくれたパリマニのダンス動画はトレンド入りした。

 

それ呟いてんのはほとんどC担じゃなかったし本人たちには何も届けてあげられないんだって考えたら悔しくて悔しくて。

 

オーラスもがんばったけどそれもかすりもしなかった。

 

今思うとたった5ヶ月前はそんなんだったんだよ。

 

苦い過去だけど、こんな日もいつか笑えるようになるんだろうなって。

 

 

そしてクリエC日程が終わってしまって、これからどうなってしまうのかわからなかったけど公演翌日にも7人で動画が上がった。

 

それだけで、あぁこれからも7人を応援していいんだって思った。

 

それからはほぼ1ヶ月間毎日7人のリモート企画をあげてくれた。

 

 

5/23 クリエグッズ発売

 

他の全グループはうちわとフォトセが出た。

 

Cだけうちわはなかった。

 

それだけでもショックだったけど、フォトセは集合、3人、4人、新、影山くん、の5枚だった。

 

このときは事務所にクレーム送りつけた。

 

誰もこんなの求めてないって。

 

本人たちが悲しい思いすることしないでって本気でクレーム書いた。

 

 

 

でもそんな間も7人があげてくれる動画で「7人にこだわりたい」「7人とファンのみなさんで」ってずっと「7人」って言い続けてくれたから、ずっと信じることができた。

 

 

そして自粛期間が明けてJohnny's World Happy LIVE with YOUの開催が決定。

 

グループ名がないから「and more...」に期待するしかなかった。

 

どの日程のバックで出るのかも分からないから全日程マークしないといけなかった。

 

 

6/15ハッピーライブ前日のダイジェストで「ジャニーズJr.」の枠にCがいた。

 

何回巻き戻しても読み込み直してもCだった。

 

初めて見るC7人のパフォーマンス。

 

信じられなかったけどハッピーライブ初日の手洗いにも7人がいた。

 

ほんとに7人でJr.の看板背負って出るんだって実感した。

 

正直次に単独があったとしても来年のクリエだと思ってた。

 

前日のインスタでもほんとにCがいて涙が溢れた。

 

7人としてアーティストメッセージも出さしてもらって単独パフォーマンスもらえて、もうグループじゃないの?って。

 

そしてJr.のハッピーライブ。

 

今ではもはや持ち歌のドンエバ初披露。

 

びびった。

 

かっこいいとかダンス上手いとかそんなんじゃなかった。

 

タッキーが新を売りたいだけのグループなんだって改めて分かってしまった。

 

新以外アップは抜かれない。

 

全員が新のバーター。

 

新が推されてることは分かってたけど、カメラワークがここまでだとは思ってなかった。

 

それでも無所は出させてもらえることが奇跡だから大きな声では言えなかった。

 

新が決めたわけでもないのに嫌われるのも嫌だった。

 

もちろん7人も気付いているだろうけどそんなこと誰にも言えない。

 

ユニット組むため、デビューのためなら新のおかげだろうがなんだろうが我慢するしかないんだって、ファンも同じなんだって思った。

 

他担からも口パクが下手だの死ぬほど叩かれた。

 

7人はメインで口パクすらするの初めてなんです、分かりますか?って全員に言ってやりたかった。

 

それでもわたしには7人がかっこよく見えたしやっぱりダンスは圧巻だった。

 

どれだけ周りに何言われようが、事務所から適当な扱いされようが、ファンが推していくしかないって思った。

 

それからはアー写めっちゃかっこいいテイストに変わって騒いだり、グッズが届かないってぶーぶー言って過ごしてた。

 

クリエのオフショは最悪のパターンも予想してたけど、ちゃんと全員おなじ枚数ずつ出た。

 

各ジャニショで売り切れ続出。

 

今は事務所に需要の高さを伝えるしかなかった。

 

 

そしてサマパラ決定。

 

今度は7人だけで1公演まるごとをマチソワ。

 

観客が入らないにしろ、無所のJr.が単独の公演を持てることのすごさぐらいは分かってた。

 

そしてついに7人のうちわもクリアファイルも出た。

 

他のグループより公演数が少なくても、これで十分だった。

 

本人たちもめちゃくちゃ喜んでて涙が出た。

 

ちゃかパラのバックも決まってたしその間に歌舞伎とパレードの円盤も発売された。

 

体育会TVもあった。

 

サマパラまでまだまだだと思ってたけど一瞬だった。

 

 

8/9ちゃかパラ3公演

 

バックの使い方が上手くて、ちゃかパラのおかげでCパラの視聴率かなり上がった。

 

自己紹介も単独パフォーマンス2曲もバラエティもさせてもらえて。

 

個人的にはSwing!がまさか入ってると思わなかったからあのわちゃわちゃは最高でした。

 

 

8/14 ついに単独公演。

 

クリエCのサマパラ。

 

いつ見てもよく分からないし誰もがいつまでクリエなのって思ってた。

 

初めてのハンドマイク。

 

しかもメンカラの。

 

それだけでおめでとうだった。

 

マイクを持つことに慣れてない7人。

 

煽り慣れていない7人。

 

全てが愛おしかった。

 

他のどのグループよりも踊って、最後の最後まで踊り続けてひたすらかっこよかった。

 

気に入らない演出ももちろんあったけど、それでもみんなが考えた公演は最高だった。

 

でも、正直ファンはみんなここでグループ名の発表があると思ってた。

 

これを逃したらもう本当に来年のクリエまでない。

 

その覚悟はあった。

 

この頃には「7人でデビューしたい」ってでっかい声で言えるようになってた。

 

だから最後の挨拶でのみんなの言葉を聞いて、名前がなくても7人はずっと7人でいるって確信があったし、来年まででも待とうと思った。

 

そういえばオーラス真っ只中に少クラでドンエバ初歌唱してたなぁ。

 

誰が見てるんだよってな。

 

そんなこともあったなぁ、なんでも懐かしい。

 

この時には普通にトレンド入れたしなぁ。

 

 

Jr.祭りで発表あるんじゃないかって他担から言われてた。

 

そんな手洗い魂で発表は嫌だったけどグループ名は欲しかったから、もうここまできたらなんでもよかった。

 

トラジャも早く7人のこと固有名詞で呼びたいって言ってくれてたから匂わせなのかと思って少し期待もしてた。

 

けどやっぱり発表されず。

 

そしてグループ名発表どころか手洗い魂はC担にとっては最悪のライブだった。

 

もう二度と見返したりしたくないような。

 

その時点では次の現場は何も決まっていないから実質Cとして決まってた最後の現場があんな形になったことが許せなかった。

 

 

後味悪いまま7人の活動が終わってまたSHOCK組と虎者組に分かれての活動になった。

 

虎者組がSHOCK初日おめでとうって動画送ったり、SHOCK組が寂しいでしょ?って返事したり、今は5人と2人に分かれてるけどまた7人でって言葉に救われた。

 

 

わたしはSHOCKも虎者も入ったけど7人ともキラキラに輝いてて最高のパフォーマンスだった。

 

この7人がまた集まったらすごいパワーなんだろうなって思った。

 

 

そしてJr.のMステ出演決定。

 

9組67人。

 

時間帯的に忍者の4人が出演できないから、トラ7 HiHi5 美6 忍者18 侍6 なにわ7 Aぇ6 りとる5、ジャニーズJr.7の人数割りだった。

 

7人のJr.ってCしかいないってC担みんな思ってた。

 

でも当日の公式発表でスペの出演が決まった。

ジャニーズJr.の枠にスペが4人出るとあとはJr.から3人。

 

Cから選抜だったら最悪だし、Cが出ないのも最悪だった。

 

嫌な想像ばっかりしながら見始めたけど、蓋を開けてみればそもそも出演者の人数が変わって10組71人になってた。

 

EXのステージに立って、しっかりMステに出てた。

 

曲前の各グループ紹介で「ジャニーズJr.の中から選抜された今最もアツい7人」って言われるC。

 

どうせいつもみたいにジャニーズJr.って出るんだろう、とかすら思わないぐらいにただ番組を楽しんでた。

 

そしたら侍の次に急に「IMPACTorsインパクターズ)」ってテロップ。

 

それがCだってすぐに分からなかった。

 

IMPACTorsがグループ名だってこともすぐに分からなかった。

 

Cにグループ名が付いたってことはずっと理解できなかった。

 

地上波で発表したのはタッキーの汚い作戦バレバレだったけど、そんなのもうどうでもよかった。

 

7人にグループ名がついた。

 

帰る場所ができた。

 

それだけで良かった。

 

外で見てたから巻き戻しとかできなくて、もしかしたら見間違えかもって何回も思った。

 

でも録画見直して、7人の動画見たらやっぱりほんとで。

 

IMPACTorsとしての初めての島動画、「どうも!IMPACTorsでーす!」も、みんなのガッツポーズも笑顔も絶対に一生忘れない。

 

まだ実感が湧かないし、未だにCちゃんとかC担って言ってしまうし、クリエCに名残惜しさもあるけど、島動画の名義がグループ名になって、あぁグループなんだって。

 

7人はファンのおかげって言ってくれるけど、これは7人が頑張った結果だよ。

 

まだまだスタートラインっていうけど、もうウォーミングアップは完璧だもんね。

 

これからも色んなことをみんなで叶えていって、言霊を現実にしていこうね。

 

             🤍佐藤新くん ❤️影山拓也くん

            💚鈴木大河くん💙横原悠毅くん

   💗松井奏くん 🧡基俊介くん 💛椿泰我くん 

【 IMPACTors  イ ン パク タ ー ズ】結成おめでとう

 

f:id:peperonK:20201019014902p:image